快走・五輪マーケティング(下) パナソニック担当役員・竹安聡氏に聞く 費用に見合う効果ある

2015/5/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2020年東京五輪のスポンサーに最初に決まった日本企業がパナソニックだ。昨年2月、国際オリンピック委員会(IOC)と最上位「TOP」スポンサーとして24年まで契約延長した。1988年カルガリー冬季大会から続ける古参スポンサーは、五輪の価値をどうみているのか。

――五輪は競技会場内に広告看板を出せない「クリーンベニュー」と呼ばれる独自のルールがあるが、スポンサーを続ける理由は。

「スポーツを通じて…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]