/

この記事は会員限定です

都内人口、50年1000万人も

「地方創生」で都が推計 若年女性40年に半減

[有料会員限定]

東京都などは政府の「地方創生」戦略が出生率の低いまま進んだ場合、2050年に都内人口が約1千万人に落ち込むとの推計をまとめた。20~39歳の若年女性は40年までに半減し、15~64歳の現役世代も半減する見込み。東京圏への人口転入を減らし、地方への転出を増やすと東京全体が「消滅可能性都市」になるとした。人口減シナリオの抑制には都の少子化対策が一段と重要になる。

都と都内区市町村が学識経験者を交えて設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン