/

この記事は会員限定です

宇宙や津波、数学で迫る

少ないデータで「本質」解析

[有料会員限定]

「データが少なくてわからない」。そんな時でも諦めなくてもいい。まばらなデータから本質的な部分を抽出して目的の情報を取り出す数学的な手法がある。「スパースモデリング」といい、天文学や医療、地球科学など様々な分野で役に立つことがわかってきた。数学が変える科学の最先端をのぞいてみた。

「見えたらノーベル賞級の科学的事件だ」。国立天文台の本間希樹教授が挑むのはブラックホールの穴の観測だ。

恒星の終末の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン