2018年7月21日(土)

宇宙や津波、数学で迫る
少ないデータで「本質」解析

2015/5/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 「データが少なくてわからない」。そんな時でも諦めなくてもいい。まばらなデータから本質的な部分を抽出して目的の情報を取り出す数学的な手法がある。「スパースモデリング」といい、天文学や医療、地球科学など様々な分野で役に立つことがわかってきた。数学が変える科学の最先端をのぞいてみた。

 「見えたらノーベル賞級の科学的事件だ」。国立天文台の本間希樹教授が挑むのはブラックホールの穴の観測だ。

 恒星の終末の大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報