/

この記事は会員限定です

戦争画の時代に迫る

藤田嗣治「アッツ島玉砕」に光

[有料会員限定]

戦時中、軍の作戦遂行シーンや戦闘中の兵士の姿を画家が描いた絵は、「戦争画」、あるいは「戦争記録画」と呼ばれる。藤田嗣治、宮本三郎、小磯良平、向井潤吉ら著名な画家が、多くの戦争画を描いたが、その全容は長い間、美術史の表舞台に上がることなく、ベールに覆われていた。

平山周吉『戦争画リターンズ』(芸術新聞社)は、一連の戦争画の中でもインパクトの強い藤田嗣治の大作「アッツ島玉砕」の誕生とその反響について、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン