/

この記事は会員限定です

「ライフログ」で個人の健康守る

カロリー・歩数…活動を記録 医療費抑制へ期待増

[有料会員限定]

毎日の活動状況を記録し蓄積した情報「ライフログ」を使って医療や健康維持に役立てようとする動きが活発になってきた。歩数や睡眠時間などの基本情報を時系列に見るだけで、健康への意識を高められるという。一方、健康寿命を延ばし、医療費の抑制につながるとの期待から提供サービスに参入する企業も増えている。自分に合った使い方を探したい。

ライフログとは体重や体脂肪率などの身体の基礎情報のほか、歩数、移動距離、食事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン