/

この記事は会員限定です

個人型確定拠出で節税

会社員でも6割対象

[有料会員限定]

個人が掛け金を積み立て、運用次第で年金額が決まる個人型の確定拠出年金(DC)。2017年から対象者が大きく拡大するが、今でも自営業者のほか会社員の約6割が使える。節税効果が大きいのにあまり知られておらず「隠れた投資優遇税制」とも呼ばれる。使える人は老後資金作りに早めに始めるべきだ。

「資産形成しながら税金が減るのがうれしい」と話すのは都内の会社員、沖雅之さん(40)。13年から個人型DCで、海外株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン