/

この記事は会員限定です

山口のういろうプルンプルン

ワラビ素材、甘さ優しく

[有料会員限定]

外郎(ういろう)といえば名古屋名物だと思っていた。山口市のバスの中で流れる案内放送で、山口でも外郎が名物なのだと聞いて驚いた。さらに食べてみて驚いた。米粉を原料とする名古屋の外郎は歯応えがしっかりしているが、山口のはプルンプルンと弾力がある。なめらかな表面が、ほほの内側や舌に当たって心地よい。小豆の香りがほのかに漂い甘さはどこまでも優しい。

上品な風味を醸し出す山口の外郎の特徴は「ワラビ粉を原料に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン