/

この記事は会員限定です

(創論)水素社会がやってくる

夢のエネ、日本が先陣 東芝社長 田中久雄氏

[有料会員限定]

トヨタ自動車がガソリンの代わりに水素で走る燃料電池車(FCV)「ミライ」を発売するなど、エネルギーインフラとして水素を活用する動きが相次いでいる。水素社会の実現の見通しやその姿について、水素関連ビジネスを進める東芝の田中久雄社長と、環境・エネルギー問題に詳しい安井至・東京大学名誉教授に聞いた。

――化石燃料のように車を走らせたり電気を作り出すことのできる水素が、クリーンなエネルギーとして注目されて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン