/

この記事は会員限定です

原発の「基準地震動」、断層や地盤から最大の揺れ計算

不確実さの解釈で差

[有料会員限定]

原子力発電所の再稼働をめぐり各地で起きている訴訟で、耐震設計の目安である「基準地震動」が争点になっている。福井地裁は関西電力高浜原発について、基準地震動を超える揺れで重大事故が起こりうるとし、再稼働を差し止めた。一方、鹿児島地裁は九州電力川内原発の地震対策は妥当とした。基準地震動はどのように決まり、何が対立点なのか。

東京電力福島第1原発の事故を教訓に2年前に定められた規制基準は、基準地震動を「原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1572文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン