2018年12月19日(水)

スマホ、AIと連携 ソフトバンクモバイル 病名など想定し回答

2015/4/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクモバイルの宮内謙社長は日本経済新聞の取材に対し、人工知能(AI)などと連携したスマートフォン(スマホ)のサービスを始める方針を明らかにした。国内の携帯電話市場は頭打ちだが、契約者1人当たりのデータ利用を増やし、収益拡大をめざす。M&A(合併・買収)も引き続き検討する。

同社は1日付で携帯4位ワイモバイルなどグループ3社を吸収合併した。国内は携帯契約者数に占めるスマホ比率が5割を超え、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報