2019年7月23日(火)

東京都交響楽団 ベルリオーズの「レクイエム」 集中保った四管編成

2015/4/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

「東京・春・音楽祭」の最終日に、今年創立50周年を迎えた東京都交響楽団が登場。指揮は音楽監督に就任したばかりの大野和士である。

曲はベルリオーズの「レクイエム」。四管編成、ティンパニ8対などの大オーケストラと100人を超す合唱(東京オペラシンガーズ)とテノール独唱(ロバート・ディーン・スミス)、さらに舞台後方と客席のあわせて4か所に分散して配置された金管楽器のバンダ(別動隊)など、殷賑(いんしん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。