/

この記事は会員限定です

賃上げ17年ぶり高水準 大手企業伸び率2.59%

経団連集計 2年連続ベアで底上げ

[有料会員限定]

大手企業によるこの春の賃上げが17年ぶりの高水準になった。経団連が16日発表した2015年の労使交渉の1次集計によると、ベースアップ(ベア)と定期昇給をあわせた賃上げ率は2.59%となり、1998年実績(2.62%)以来の高い伸び率を確保した。自動車や電機など業績好調な大手が2年連続でベアに踏み切ったことが全体を押し上げた。

昨年上回る公算

経団連の榊原定征会長は16日の経済財政諮問会議に集計結果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン