/

この記事は会員限定です

早期がん「線虫」がかぎ分け

九大、尿使い判定 腫瘍マーカーより高精度、費用も数百円の見通し

[有料会員限定]

九州大学のチームが「線虫」という小さな実験用動物に人の尿のにおいをかがせ、がんの有無を精度よく判定できたと3月、米科学誌に発表した。検査費用も数百円で済む見通しという。ユニークな研究だが、実用化の可能性はどれほどあるのだろうか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1663文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン