2019年9月17日(火)

筒井康隆「旅のラゴス」 発売後20年、謎のヒット

2015/4/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

大いに売れているのだが、特別なきっかけがあったわけでもなく理由はよくわからない。そんな"謎のヒット"となっているのが、筒井康隆の小説『旅のラゴス』(新潮文庫・490円)だ。

本書は、高度な文明を失った代わりに人間が超能力を獲得し始めた世界で旅を続ける男の物語。人の一生と文明の興亡を重ね合わせて描くSFだが、『時をかける少女』などと比べれば知名度のある筒井作品ではない。

発売は1994年。文字を大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。