「選手を広告に」 萩野らと契約へ JOC、企業に販売

2015/4/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本オリンピック委員会(JOC)が選手の肖像権を使ったマーケティング事業の目玉に据える「シンボルアスリート(SA)」として、新たに競泳の萩野公介(東洋大)と瀬戸大也(JSS毛呂山)、陸上の桐生祥秀(東洋大)、体操の白井健三(日体大)と契約することが13日、複数…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]