/

この記事は会員限定です

江藤淳と大江健三郎 小谷野敦著

私小説的手法で描く戦後文学史

[有料会員限定]

文学史不在の時代だ。そんな状況にあって文学の新規性はどう確保すればよいのか。私は文芸誌の月評で、小谷野敦の小説をこの課題に応えうる優れた解答の一例と評したことがある。

私小説が衰退して久しい。小谷野の一連の小説はその系譜を現代に甦(よみがえ)らせるきわめて批評的な試みであり、そうした振舞いがかえって新しさを産んでいる。反転させて評価したわけだ。しかも、大量の随筆や論考を発表しているから、ちょっと詳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン