2015/4/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「満蒙は日本の生命線」とは昭和6年にのちの外相、松岡洋右が初めて唱え、世に広まったスローガンである。満州(中国東北部)と内モンゴルは戦略的にも経済的にも、日本の存亡がかかった地域だという意味だ。これと並べてじつは、もうひとつ生命線論があった。

▼「南洋は海の生命線」。そんなタイトルの本が出たり映画がつくられたりしている。しかしさほど知れ渡らなかったのは、やがて太平洋が戦場になるとは一般の想像が及ば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]