/

この記事は会員限定です

似鳥昭雄(8) 父の会社手伝う

病気でも「働け」嫌で家出 転がり込んだ会社も続かず

[有料会員限定]

1966年(昭和41年)に北海学園大学を「無事」卒業、そのまま父の会社の似鳥コンクリート工業に入社した。従業員は十数人で、業務内容は一軒家の基礎工事を請け負うほか、塀などを作っていた。子供の頃から仕事を手伝っていた私はすでに10年選手の即戦力。父も「待っていました」と言わんばかりだった。

ところが働いてまもなく、7月に盲腸を患った。手術が遅れ、癒着してしまい、回復は思わしくなかった。医者もしばらく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン