/

この記事は会員限定です

急増のラップ商品 期待度は

コストに合う成績見極め

[有料会員限定]

「ラップ」の冠を付けた運用サービスや投資信託の残高が急増している。金融機関に運用に関わる手間をすべて任せるもので、各人の目的やリスク許容度に合った運用が可能になるという。コストに見合った成果は期待できるのだろうか。

ラップ口座やファンドラップへの資金流入が加速している。これらのサービスを通じて買われた公募投信の残高は、3月下旬に3兆3000億円を突破(グラフA)。この2年で5倍に膨らんだ。

背景に業界事情

野村総合研究所の金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン