/

この記事は会員限定です

営業秘密、企業が自衛強化

不正競争防止法改正の流れ先取り ブリヂストン、全社で統一管理

[有料会員限定]

大手企業が技術情報など営業秘密の管理を強化している。政府が国際的な産業スパイなどから産業界を守る不正競争防止法について罰則を大幅に強化する改正を進めており、改正法の実効性を高めるために企業側も自己防衛の徹底を迫られているからだ。流れを先取りし、秘密を自ら守る体制を整えてきた企業の動きを追った。

(編集委員 渋谷高弘)

不正競争防止法は企業の秘密の不正取得・利用に対して損害賠償請求などができるほか、刑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン