/

この記事は会員限定です

大学の閉校や移転、地方悩ます

誘致・支援したのに都心回帰、ビジョンの共有不可欠

[有料会員限定]

地方都市にキャンパスを構える大学の都心回帰や閉校が相次ぐ中、誘致した地元自治体が苦悩を深めている。施設整備などで多額の財政支援をした経緯があるうえ、地域振興が頓挫する恐れがあるためだ。国が掲げる「地方創生」でも大学への期待は高い。専門家らは「自治体と大学は存在意義やビジョンを共有する必要がある」と指摘している。

JRと私鉄が乗り入れる埼玉県久喜市の久喜駅から北西に約3キロ。田んぼや戸建て住宅が点在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン