就活 選考短縮で波紋
説明会など本格スタート 採用担当の確保課題

2015/3/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2016年卒の学生の就職活動が本格的に始まった。経団連が企業説明会をこれまでより3カ月遅らせ、1日が解禁日となった。ただ学生にはインターンシップ(就業体験)への参加などで既に「就活中」との意識も強い。選考期間の短縮で、スマートフォン(スマホ)ゲームのコロプラなど採用を増やしたい成長企業では採用担当者の確保も課題になっている。

トヨタ、東大で

東京大学が1日に開いた就活イベントにはトヨタ自動車や三井…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]