/

この記事は会員限定です

株式の私設取引、売買シェア低下

東証の刻み値縮小が響く 差別化難しく投資家離れ

[有料会員限定]

東京証券取引所を経由せず株式取引ができる「私設取引システム(PTS)」の売買シェアが低下している。東証が時価総額の大きい銘柄で取引価格の刻みを縮小し、もともと刻みが小さかったPTSの強みが失われたためだ。取引所間の競争は結果的に投資家の利便性向上につながるとみられるだけに、PTSの劣勢に気をもむ市場関係者も少なくない。

「PTS利用を検討する議論は立ち消えになった」。スパークス・アセット・マネジメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン