/

この記事は会員限定です

動き出す廃炉(3)リスクと隣り合わせ

[有料会員限定]

「まず人員の確認を。テレビ会議準備して」。18日、福井県敦賀市にある日本原子力研究開発機構の新型転換炉「ふげん」。所長の高橋秀孝(60)は防災訓練で、緊張した面持ちで指示を飛ばした。

ふげんは次世代原子炉と期待されたが、コスト面などから商用化のメドが立たず2003年に運転を終えた。訓練ではすべての交流電源が失われ、建屋にある466体の使用済み核燃料の冷却に支障が出る事故を想定。約200人の職員らは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン