/

この記事は会員限定です

TPP、どうなる知財 著作権保護で利害交錯

非親告罪化危ぶむ声も

[有料会員限定]

大詰めを迎えた環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、知的財産権の保護が残された最大の課題になっている。日本企業の関心が高い著作権と医薬品の特許はTPPによって、どう変わるのかを点検した。

Q 著作権関連ビジネスへの影響は。

A 著作権の保護期間は日本では著作権者の死後原則50年だが、TPPでは70年程度にする案で調整が続いている。米ウォルト・ディズニーなど自ら生み出したコンテンツで稼ぐ企業には、保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン