/

この記事は会員限定です

公共スペース、全面禁煙を

日本禁煙学会理事 稲本望さん(1)

[有料会員限定]

国立循環器病センター(現国立循環器病研究センター)に勤務していた2003年のこと。循環器疾患が専門の医療機関であるにも関わらず、職員用の喫煙室が残っていた。たばこは循環器病の大きな原因だ。

職員を対象にアンケートを実施すると、7割近くが敷地内の全面禁煙に賛成した。この結果、喫煙室はなくなったが、代替策として屋上に職員向けの喫煙小屋が作られた。患者にはたばこの害を説きながら、自らは「病気ではないし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン