1999年2月12日日銀、ゼロ金利政策決定

2015/2/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1999年2月12日、日銀が短期金利をほぼゼロ%に誘導する「ゼロ金利政策」の導入を決定した(写真は当時の速水優総裁の記者会見)。同月15日から実施。金融危機などによる景気低迷に対し、それまで実施した財政出動だけでは不十分として、金融緩和圧力が強まっていた。

日銀は翌年8月にゼロ金利政策を解除したが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]