/

この記事は会員限定です

アジア10カ国若者調査から(下)働く目的は何か?

9カ国が「日々の生活」

[有料会員限定]

「アジア10カ国の若者調査」では20代の若者の職業観や結婚観について聞いた。それぞれの国ごとに経済の発展段階や伝統的な価値観を反映しており、それは消費行動や売れ筋商品にも表れている。

主要都市で「働く目的は何か」と聞いたところ、9カ国で「日々の生活のため」がトップだった。日本が64.5%で最も高く、シンガポール(57%)、マレーシア(56.5%)が続く。所得水準は高いが、物価も高い国で特に「日々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン