/

この記事は会員限定です

文化資源活用へ 初の「アーカイブサミット」

[有料会員限定]

前国立国会図書館長の長尾真・京都府特別顧問が委員長、青柳正規文化庁長官らが委員を務めるアーカイブサミット組織委員会は1月26日、東京・日比谷で初の「アーカイブサミット」を開いた。図書、公文書などの記録文書、映像、写真、美術品などの多様な文化資源を統一的に管理・利用できるようにし、新たな「知」を創造するための社会基盤の整備を目指す。

日本には古典文学、古文書をはじめ膨大な文化資源が存在する。しかし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン