直下型地震の死角(下)活断層列島、足元にリスク 情報公開で地域に備えを

2015/1/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

昨年11月22日、長野県北部で起きた震度6弱の地震では200棟以上の住宅が全半壊した。周辺の活断層を調べている産業技術総合研究所の宍倉正展グループ長は、同じ地域で地震が続発しないかと心配する。

予測に不確実さ

研究チームはこの地震を起こした「神城断層」と、その南に延びる断層を発掘し、約3千年前以降に両者が同時にずれた痕跡を見つけた。「今後、南側の断層もずれる恐れがあるが、いつかは予測できない。活断…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]