/

この記事は会員限定です

(短評)最低生活保障と社会扶助基準 山田篤裕ほか編

[有料会員限定]

生活保護に関する議論は「支給額が多すぎる」だとか「働けるはずだ」とか、とかく感情的なものになりがちだ。しかし感情や感覚に頼って適切な制度がつくれるはずもない。本書は英独仏など先進8カ国では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り96文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン