/

この記事は会員限定です

「電子化」する文芸誌

新人育成、メリット生かせるか

[有料会員限定]

文芸誌にも「電子化」の波が押し寄せてきた。文芸春秋は隔月刊の「別冊文芸春秋」を電子版に移行することを決め、KADOKAWAは電子版文芸誌を創刊した。マンガやライトノベルでは電子雑誌が広がっているが、文芸誌でも紙媒体では読めないものが登場し始めている。

別冊文春は紙媒体は2月発売分までとし、5月発売分から電子版に移行する。これまで1550円(税込み)だった価格は800円前後になる見通し。電子版でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン