王貞治(12) 「運をつかむ」 打撃一変、初のタイトル 乗せ上手の指導、足かけ10年

2015/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1962年7月1日、初めて一本足で打った大洋(現DeNA)とのダブルヘッダー第1試合。右前安打のあとの2打席目で右越えに本塁打を放った。4打席目は左前打で5打数3安打。もうそれまでの自分ではなかった。何より打球の勢いが違った。

帰りの車中、荒川博コーチに「今日、おまえは運をつかんだんだ。それを離すなよ」といわれた。

人間の心理は面白いもので、あまりに新奇なものは目で見てはいても、脳が受け入れない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]