2018年8月19日(日)

悲しみの秘儀 若松英輔

2015/1/8付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

 涙は、必ずしも頬を伝うとは限らない。悲しみが極まったとき、涙は涸(か)れることがある。深い悲しみのなか、勇気をふりしぼって生きている人は皆、見えない涙が胸を流れることを知っている。

 悲しみを生きている人は、どんな場所にもいる。年が改まり、世がそれを寿(ことほ)ぐなかでも独り、悲しむ人はいる。この悲しみには底があるのかと思われるほど、深い悲嘆にくれる日々を過ごす人もいるに違いない。

 かつて日本人は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報