女性の労働参加とGDP

2014/12/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

経済活動の指標として最も重視されている国内総生産(GDP)は非常に有用ではあるが、いくつかの重大な欠陥がある。例えば経済成長に伴って排出される二酸化炭素などの汚染物質の影響や、生物種絶滅によるマイナス効果を無視していることは、しばしば指摘されている。なかでも家事労働の価値が統計に含まれないことは大きな誤解を生む可能性がある。

総務省の社会生活基本調査(2011年)では、10歳以上の全世帯員につい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]