/

この記事は会員限定です

モデルナ、初の通期黒字化

前期、ワクチン市場3倍に コロナ後へ開発加速

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンを開発した製薬企業の業績が伸びている。米バイオ製薬モデルナは2021年12月期に初めて通期で最終黒字化した。米ファイザーの純利益も2.4倍となった。ワクチン市場は1年で約3倍に拡大したが、徐々に低下していく見通し。ワクチンで稼いだ資金で次の新薬開発につなげられるかが長期的成長のカギとなりそうだ。

モデルナが24日発表した2021年12月期の連結決算は最終損益が122億ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン