/

この記事は会員限定です

「多様性」担当役員 日本でも

CDIO、日立や東京海上HDが成長戦略

[有料会員限定]

多様性の浸透に向け、旗振り役となる役員を任命する企業が出てきた。CDIO(最高ダイバーシティ&インクルージョン責任者)と呼ぶ。様々な働き手の成長の土台作りを担う役職だ。さらに「多様性戦略を経営課題に位置づける」との企業の意思表明の象徴でもある。

「日立で働く35万人の社員はひとりずつ、たくさんのスキル、能力、アイデア、経験、価値を持っています。私たちはこれらの多様性を活用できなくてはいけません」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン