/

この記事は会員限定です

NATO非加盟のウクライナ 米欧は派兵せず

防衛義務の対象外

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻に現段階で米欧は武力では反撃していない。バイデン米大統領は情勢緊迫下でもウクライナに派兵はしないと繰り返してきた。理由はウクライナが北大西洋条約機構(NATO)に加盟していないためだ。

米欧30カ国で構成するNATOの根幹は集団安全保障を定めた北大西洋条約の第5条にある。締約国に対する武力攻撃を「全締約国に対する攻撃とみなすことに同意する」と定める。

加盟国が攻撃を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン