/

この記事は会員限定です

濃厚接触者、特定見直しを

専門家有志「社会活動の弊害要因」

[有料会員限定]

厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家有志は24日、コロナ感染者の濃厚接触者の特定について見直しを提言した。オミクロン型の感染が急拡大する中では、濃厚接触者を特定して行動制限を求めることに「有効性が低下している可能性がある」と指摘。提言で「濃厚接触者の特定と行動制限が社会活動維持の弊害の要因になる」と言及した。

同日開催したアドバイザリーボードの会合で座長を務める国立感染症研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン