米IT、AIで水供給支援 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

米IT、AIで水供給支援

新興勢は空気「水源」に ESGへの対応急ぐ

[有料会員限定]

世界的な水不足への懸念が強まる中、テックで安全な水をつくりだしたり、確保したりする動きが広がっている。グーグルなどの米IT大手は需要に対して十分な量の水を供給する方針を打ち出し、人工知能(AI)を駆使した水管理技術などの開発支援を進めている。国内外のスタートアップは空気を新たな「水源」として活用する技術開発を競っている。

米アルファベット傘下のグーグルは2021年秋、世界中のデータセンターやオフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1813文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません