/

この記事は会員限定です

東急ハンズ、ドンキとの差

現場の権限小さく独自性薄れる カインズ傘下で復権図る

[有料会員限定]

東急ハンズ(東京・新宿)が3月末にホームセンター大手のカインズの傘下に入る。異色の小売店として名をはせてきたハンズだが、近年は業績が停滞しており、小売りチェーンの元で再生を目指す。なぜハンズは輝きを失ったのか。その理由はドン・キホーテと比べると見えてくる。

70年代にブーム

1976年にハンズが誕生したきっかけは、東急不動産の遊休地活用だが着眼点が斬新だった。世の中が自動化していく時代に「手の復権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン