/

この記事は会員限定です

大林組、デジタル空間で現場を同時再現

遠隔管理を実現

[有料会員限定]

大林組はクレーンの作業量や位置情報から施工現場の状況をリアルタイムでデジタル空間に再現し、進捗を一元で管理できるシステムを開発した。事務所から遠隔で把握でき、目視作業が不要になる。まず北海道の施工現場で導入し、他地域に広げる。2024年に始まる残業規制の強化を見据え、省力化投資を進める。

プロ野球・日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」(北海道北広島市)の施工で導入した。移動式の大型クレー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン