/

この記事は会員限定です

ロシア、親ロ地域に派兵命令 ウクライナ東部独立承認

プーチン氏、平和維持名目に

[有料会員限定]

【モスクワ=桑本太】ロシアのプーチン大統領は21日、安全保障会議を開催し、親ロシア派武装勢力が実効支配するウクライナ東部の一部地域について独立を承認したと発表した。平和維持を目的に、親ロ派支配地域にロシア軍を派遣する方針も決めた。米欧は反発を強めており、制裁を科すことをそれぞれ表明した。(関連記事総合面に

臨時に開催した安保会議では、親ロシア派勢力が支配する地域の独立承認問題を諮問した。対象は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン