/

この記事は会員限定です

デジタル×バイオ駆使

神戸大副学長 近藤昭彦氏

[有料会員限定]

最先端のデジタル技術とバイオテクノロジーを駆使して、石油代替品や医薬品などの有用な物質を、微生物に効率よくつくらせる「バイオファウンドリー」が注目を集める。日本の第一人者で、神戸大学の近藤昭彦副学長は「いずれ産業の要となる」と自ら起業し、産学連携を進める。

2020年に微生物による物質生産の受託や自社製品の開発を進めるバッカス・バイオイノベーション(神戸市)を立ち上げた。神戸大発スタートアップで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン