日本食、共同で売り込め
アジアや欧米へ、リスク・コストを抑制 レストラン街計画、共通ブランド構築も

2014/12/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 「和食」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されてから1年。欧米やアジアなどでの日本食への関心は一段と高まる。日本市場の縮小が避けられないこともあり、中小事業者が連携することでコストやリスクを抑えながら、日本食の多彩な魅力を売り込む動きが広がっている。国なども積極的に後押ししており、全国的に同様の動きが増えていきそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

和食ユネスコ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 20:30
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 20:30
17:00
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報