/

この記事は会員限定です

ウクライナ首都 標的か

ロシア軍侵攻、3方向想定 米「5割が臨戦態勢」

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米欧各国はロシアがウクライナに対して3方向から攻撃を仕掛ける態勢を強めているとして警戒レベルを引き上げた。首都キエフも標的とみられ、サイバー攻撃をからめて同国を揺さぶる公算が大きい。バイデン米大統領は「ロシアはまだ外交を選択できる」と戦争回避を訴えるが、状況は深刻さを増している。1面参照)

バイデン氏がロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻を決断したと確信した裏には、米情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン