/

この記事は会員限定です

CO2貯留に「有望地」 日本海沿岸で発見

実用化には高いハードル

[有料会員限定]

火力発電所などが排出する二酸化炭素(CO2)を回収し、地下に封じ込める「炭素回収・貯留」。2050年の脱炭素へカギを握るとされ、政府は技術開発を本格化させるが、日本周辺に適地が見つかっているわけではない。そうしたなか有力な研究者が日本海沿岸に有望な地層があると唱えている。温暖化対策の救世主になるのか。

大量吸収可能か

「北海道から山陰にかけての日本海沿岸に分布する『グリーンタフ(緑の凝灰岩)層』に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン