/

この記事は会員限定です

私の見方(4)人工知能 生命科学研究の飛躍導く

プリファード・ネットワークス最高研究責任者 岡野原大輔氏

[有料会員限定]

――創薬などの分野で人工知能(AI)の活用に力を入れています。

「AIは進化し続け、3~5年前、あるいは10年前にはできなかったことが次々に可能になっている。生命科学やヘルスケアでも『使えるかもしれない』と感じる領域は広がっている。成果のいくつかは社会実装され、創薬や予防医療に生かされつつある」

「AIなどを用いた創薬は魔法のつえではないが、強力なツールになるのは間違いない。一般の人の働き方がパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン