/

この記事は会員限定です

ローソン変われるか(下)現場密着、玉塚カラー

出遅れ海外立て直しへ

[有料会員限定]

「玉塚社長で大丈夫なのか」「新浪さんがいなくなると不安だ」――。今年5月下旬に開かれたローソンの株主総会で玉塚元一社長は初めて議長席に座った。そこで株主からあがったのは、前社長の新浪剛史氏(現サントリーホールディングス社長)が会長に退いたことに対する不安の声だった。

2002年5月に社長に就任した新浪氏は、強い個性で12年間にわたり会社を率いてローソンを1万店を超える巨大チェーンに成長させた。「カ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン