/

この記事は会員限定です

女性も仕立てたスーツを 好みの探究が自己理解に

中野香織

[有料会員限定]

仕立てのよいスーツはかつて成功した男性の憧れと誇りだった。今、起業して成功した男性は「スーツを着なくていい自由」を選び、カジュアルな装いで会議に出る。コロナ禍がさらにスーツ離れを後押しする。

ビスポーク・スーツの聖地、ロンドンのサビルロウも苦境に陥っている。老舗が実店舗を閉め、象徴的存在のギーブズ&ホークスは親会社が倒産し、経営の先行きが見えない。

こうしたスーツ界の窮状を救う「女神」として脚光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン